外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

2017年01月04日

外壁塗装 見積術 テクニック

けっして安価な費用ではない外壁塗装ですから、絶対に失敗はしたくないものです。でも、外壁塗装の知識がある人などまれでしょうから、ついつい業者の言いなりになってしまうということになりがちです。

そんなずぶの素人だった私が、悪質な業者にに引っかかることなく優良業者に出会えた、外壁塗装の見積術とテクニックをお教えします。

外壁塗装するにあたりいちばん重要なことは、とにかく悪質な業者に引っかからないということです。

そのためにはもちろん、外壁塗装に関してのある程度の知識があればいいわけですが、先ほども言いましたようにそういう人はごくわずかだし、それを勉強するというのも手間暇がかかります。

相場はどれくらいなのか?見当もつきません。
どういう塗料を選べばいいのか?さっぱり分かりません。

そんな私が利用したのが外壁塗装業者紹介サービスの『いえぬり』です。全国の優良塗装業社を無料で紹介してくれますし、一括見積もりで複数の業者の比較検討ができます。

外壁塗装業者を選ぶ際の最高のテクニックは、とにかく複数の業者から相見積もりをとること。これががいちばんです。相見積もりをとることで、相場も分かりますし最安値の業者を見つけることができます。

home8.jpg

さらに業者同士で見積もり内容をチェックしてくれるので、これまた安心なわけです。あまりにも安すぎる見積もりというのは、塗装の回数が少なかったり薄かったりという手抜きのケースが隠れているので、そういったことも防げます。

もちろん『いえぬり』で紹介している業者は優良業者ばかりですから、そういう心配は稀有に終わるとは思いますが(笑)

まとめますと、外壁塗装業者を選ぶときはまず相場を知っておき、必ず複数の業者から相見積もりをとること。

電話や訪問営業などで外壁塗装を思いったったとしたら、その業者さんの言いなりになるのではなく、『いえぬり』の無料電話相談サービスにその旨を相談されるのがいいかと思います。

資格を持った、外壁塗装の専任スタッフの方が親切に対応してくれますので、そもそも本当に外壁塗装の工事が必要なのかも含めて尋ねて見られるのがいいですよ。もちろん営業会社ではありませんので、強引に工事を奨められたりすることはありません。どうぞ安心してお電話してください♪


外壁塗装 お申込み


posted by KENYA at 14:21| Comment(0) | 外壁塗装 見積術 テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

外壁塗装 シュミレーション

外壁塗装でいちばん楽しみなのが、外壁塗装の色を決めるときですね。

「別に前と同じ色でいいじゃん」と言う人も結構いらっしゃるかもしれませんが、外壁の色が変わると気分も変わるものですよ。

ただ、この色決めの時には注意が必要です。色決めの際には色見本帳を元に色を決めるのが普通なんですが、塗り替えが終わり仕上がりを見てからのトラブルというのが結構多いようです。

それは、見本を見て決めていたのに、塗り上がったものがイメージしていたものと違うということです。

小さな色見本だけでは、実際に外壁に塗ったイメージがなかなか想像できないので、こうしたトラブルが起きるようなんですね。

こうしたトラブルを未然に防ぐには、色見本はなるべく大きなサイズで確認すること。さらに、家の中の照明ではなく、太陽光の下で朝昼夕と確認することです。

そして今は便利なことにシュミレーションができます。
http://www.hometec-inc.com/13046-2/

home7.jpg

しかし、こうしたシミュレーションはあくまでもイメージなので、実際の仕上がりとは差があると言っても過言じゃありません。あくまでも参考に留めるだけで、シミュレーションを過信するのは禁物です。

さて、これだけ注意していたにも関わらず、色合いが気に入らないことがあったならば、とにかく業者の方に塗り直しを依頼してみましょう。追加料金が必要になることが多いですが、施工中であれば塗り直しができる場合があります。

基本的には塗り直しはできませんが、そのまま工事が進んでしまうともうどうしようもありません。施工後は基本的に自己負担となります。

ダメでもともと、気に入らないと思った場合には早めに要望を伝えてみましょう。

とにかく完成の色味が違っても、基本的に追加料金を支払って塗り直しするしかありません。そのようにならないためにも、色選びは慎重のうえにも慎重にするようにしましょう♪


posted by KENYA at 15:40| Comment(0) | 外壁塗装 シュミレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

外壁塗装 種類

外壁塗装に使用する塗料は、とにかく数え切れないほどたくさんありますし、そしてさまざまな種別に分かれています。おまけに塗料メーカーも何社もあるので、選択肢はそれこそ莫大な数になります(笑)

【外壁塗装の種類】
・フッ素・シリコン・ウレタン・アクリル
・溶剤(シンナー系、油性)と水性
・1液タイプと2液タイプ
・劣化状況ごとに使い分ける塗料
・素材ごとに使い分ける塗料(外壁用・屋根用・木部用・鉄部用)

【おもな塗料メーカー】
・日本ペイント
・関西ペイント
・ミズタニ
・エスケー化研
・大日本塗料
・スズカファイン
home5.jpg

外壁塗装の塗料は、その種類によって耐用年数も変わってきますが、目安の耐用年数と実際の耐用年数というものは異なってきます。

もちろん家の立地もそうですが、塗る場所によっても違ってきます。外壁塗装とはいいますが、モルタルやサイディングだけでなく窓枠、軒天、ひさしといった木部や鉄部もあります。

おなじ塗料でも、外壁と木部や鉄部とでは耐用年数が違ってくる、というのはお分かりになるでしょう。

外壁塗装といえば、つい外壁塗料の方に意識がいきがちですが、プロのアドバイスは外壁よりも、木部・鉄部の塗料を重視した方が家全体を長持ちさせる確率が上がるということでした。

もし外壁塗装に見積もりを依頼する場合は、木部・鉄部の塗料にどんな塗料を使って塗ってくれるのかを、業者に確認してみるのというのも判断の材料になるかもしれませんね♪



posted by KENYA at 13:15| Comment(0) | 外壁塗装 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする